HOME  > 法人のみなさまへ > 社会貢献活動支援
社会貢献活動支援

■ステークホルダー参加型オンライン寄付システム

オンライン寄付サイト「Give One(ギブワン)」のシステムを活用し、各社のCSR方針にあった独自の社会貢献サイトをご提供するASPサービスを実施しています。
企業別の独自サイトの立ち上げにあたっては、以下のメニューをパッケージ化してご提案します。
  • 「社員の顔が見える社会貢献」プログラムの企画
  • 信頼できるパートナーNPOの紹介、活動状況の報告
  • オンラインの寄付決済システムのご提供、寄付金の管理・NPOへの支払い

活用方法

  • 災害時等の職場募金の方法として、社員のボランティア先のNPO支援として有効です。
  • お客様やお取引先様も参加できる社会貢献のプラットフォームとしても有効です。
  • 低コストでの導入が可能です。(標準価格:初期導入費用50万円~、運用費用月額10万円~)
  • 寄付先の選定や集金の手間、システム費用も軽減できます。

■企業の社会貢献プログラム企画・実施支援

経営戦略と連動した社会貢献プログラムの策定や、企業の社会貢献活動全般に関する評価・コンサルティング、社員向けCSR研修プログラム、最適なNPOとのパートナーシップ構築サポート・協働プロジェクト設計、ボランティアコーディネート、NPOマネジメント講座などをご提供します。

事例紹介

  • 株式会社リクルート様 (2007年度~2011年度)
    『じゃらんポイントプログラム「募金サービス」』 
    企業理念や同社の旅行情報サイトの「日本を元気にしたい」という思いをもとに、寄付対象分野を「社会福祉」「環境保全」「青少年育成」の3分野に設定。お客様のポイント寄付対象団体として、四半期に1度、各分野の団体の入れ替えを行い、寄付の成果レポートを提供しました。
  • 日本興亜損害保険株式会社様(2009年度~)
    『社内募金による助成プログラム「日本興亜おもいやりプログラム」 』
    社内募金により集まった貴重なご寄付をもとに、「環境」「教育」「女性」および「東北被災地復興」を対象とした、活動団体の自立支援につながる助成を行っています。

■企業の社会貢献活動の成果評価

社会貢献活動を行った結果、どのような社会的な成果がもたらされたかを客観的に把握することで、その活動の意義を具体的に内外に伝えることが可能になります。
パブリックリソース財団は、助成プログラムの第三者評価や、SROI(Social Return on Investment)の手法を用いた評価を行っています。

事例紹介

そのほか、企業の社会貢献活動に関するご相談は、パブリックリソース財団までどうぞ。

ページの上へ