意志ある寄付で社会を変える

パブリックリソース財団は、社会貢献の志のある個人や企業からの資金を受け入れ、社会の様々な課題の解決に役立てるために、優れたNPOや社会起業家に助成を行っています。

信頼感ある寄付

寄付適格性に関する審査、NPOや社会的企業とのコミュニケーションにもとづき、信頼できるNPOや社会的企業をご紹介いたします。

やりがいのある寄付

社会課題を調査、分析し、寄付者の志をかなえるために最適の社会貢献テーマ、具体的な支援領域、団体をご提案します。

手ごたえのある寄付

支援先(助成先)には、資金支援を行うにとどまらず、ニーズに応じてマネジメント支援等を行い、社会課題の解決に向けて最大の成果が出るように、伴走します。支援結果の成果評価、報告等、寄付者の方と支援先(助成先)を結ぶコミュニケーションに取り組みます。

NEWS&TOPICS News&Topicsアーカイブはこちら
2020.06.04
【コロナ給付金寄付】プレスリリース:新型コロナウイルス感染症対策などへの寄付金が1億円到達
2020.06.01
【舞台芸術を未来に繋ぐ基金】公募情報の公開と受付を開始しました
2020.06.01
【アーツ・ユナイテッド・ファンド(AUF)】公募情報の公開と受付を開始しました
2020.05.29
【移民・難民支援基金】第2回(2020年度)の公募時期について
2020.05.28
【「Dress farm 2020」基金】sumikaがパブリックリソースに基金を設置!プレスリリース

新型コロナウイルス感染症に係る基金のご紹介
子ども支援団体等緊急支援基金
子ども支援団体等緊急支援基金
子どもや社会的弱者の人々を支援する団体等で、新型コロナ感染症の拡大により事業継続や組織運営に影響が出ている団体に対して助成金支援を行う緊急基金です。
ゴールドマン・サックス 緊急子ども支援基金
子ども支援団体等緊急支援基金
新型コロナウィルス感染拡大防止策に伴って、特に多大な影響をうける、生活困窮家庭の子どもたちやその家庭に、スピーディーな支援を届けるための緊急助成金です。

新型コロナ給付金寄付プロジェクト
新型コロナ給付金寄付プロジェクト
対コロナ対策として一律給付される10万円を「本当に困っている人に届けたい」と思う方より寄付していただき、必要としている団体や企業、個人を支援するプロジェクトです。
舞台芸術を未来に繋ぐ基金
=Mirai Performing Arts Fund
舞台芸術を未来に繋ぐ基金=Mirai Performing Arts Fund
新型コロナウイルス感染症の拡大防止によって活動停止を余儀なくされた舞台芸術に携わる人・団体等を支援し、舞台芸術を守る一助になることを目指す基金です。


アーツ・ユナイテッド・ファンド(AUF)
アーツ・ユナイテッド・ファンド(AUF)
新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて活動が制限されている芸術文化活動の個人の担い手の、これからの活動を応援する基金です。
基金のご紹介※寄付は随時受付しております
未来につなぐふるさと基金
使用済みカートリッジの本数と、コピー紙の販売数に応じた寄付で、環境保全活動を 支援します。
 
アート&ヘルス基金
アートの力で病院や福祉施設、学校、コミュニティケアの場を豊かな空間とするための基金です。
 

あい基金
女性の経済的自立を実現する、新しい視点を持った取り組みを育み、応援し、広めていきます。

ふくしま未来基金
福島の30年後を見据えたまちづくりをめざす、福島初の地域基金です。
 

AED・地域あんしん基金
災害時などに避難所となることが想定される地域の公共施設や福祉施設等へのAED(自動体外式除細動器)を複数設置することを目的とした基金です。
移民・難民支援基金 
日本国内の難民、移民、技能実習生、外国人労働者とその家族など、外国籍または外国にルーツをもつ人々の日本国内における様々な環境を改善することを目的とします。

教育基金
教育の課題解決に取り組むNPOや社会的企業を応援します。助成先の第一号として、「Teach For Japan」 を応援しています。
 
魚沼の未来基金
ひとり親家庭の高校生へ返済不要奨学金を支給。故郷を愛する青年の成長を支援していく予定です。

Good Job!基金
「Good Job! Award」入賞の団体に対して、資金的な支援を行います。

大和証券グループ 輝く未来へ こども応援基金
子どもの人生への意欲を育み将来の貧困リスクを低減する先駆的な事業が、効果的で継続的なものになるための事業開発を支援し、子どもの貧困対策におけるイノベーションを応援します。

個人基金のご紹介
井上圭子メモリアル基金
井上圭子メモリアル基金
認定特定非営利活動法人ファミリーハウスが運営する「うさぎさんのおうち」に2015年3月に設置された「エイブルアート」(障碍者の手による絵画)の展示プロジェクトに生かされました。
純 こども 基金
 
「純が生きた証を残したい。その純の代わりに子どもたちを支援したい」と願う純さんのご両親によって、事故の賠償金を充てて今回の基金は設立されました。

表彰制度のご紹介
「チャンピオン・オブ・チェンジ」日本大賞
CCJA
アメリカ在住の日本出身女性 厚子・東光・フィッシュ氏の提案により、様々な地域課題に直面した際に勇気を持って、自ら行動を起こした日本女性リーダーの功績を表彰します。



「子ども支援団体の組織基盤強化
(草の根活動支援事業全国ブロック)」
子ども支援に取り組む団体の組織基盤強化に対して助成金支援を行うことで、NPOが安定的・持続的に事業を実施し、子どもの健やかな育ちが実現することを目指します。 
「支援付き住宅建設・人材育成事業
(ソーシャルビジネス形成支援事業)」
生活困窮者や住まいを確保しにくい人に対し、「住まい」と「生活支援」をセットで提供するビジネスモデルの構築を支援します。

パブリックリソース財団賛助会員
このたび、弊財団の運営を支えていただく「賛助会員制度」をリニューアルしました。同時に、オンライン寄付サイトGive One経由でも賛助会員の申し込み及び会費納入が可能になりました。